福井県内唯一の【国際空手道連盟 極真会館 世界総極真】加盟道場・長谷川道場管轄
世界総極真 加盟道場
ご挨拶 最新情報 予定表 BBS 入会案内 指導員紹介 道場紹介 ご質問 様式 [ 旧ホームページ ]
メニューを閉じる

4月9日 本部道場座禅

2018年4月9日は、練習の前に、大きな試合直前の 毎年恒例 「座禅」 で精神修行を大本山永平寺から、
僧侶にお越し頂きました。空手の試合に臨む道場生たちに、精神面 についてなどのお話をしていただき、
その際「以敬為宗」「打成一片」 という言葉の説明もいただきました。 小さい子には難しかったでしょう。
でも、そのお話は、僧侶の修行内容を空手の修行に置き換えたりと、とても分かりやすく、共感部分も多くありました。
 そして、「座禅」 の作法・説明をいただいてから、座禅を道場生みんな、心静かに座禅を行い、
各自、頭に何を考えていたのでしょうか。   座禅の終わり際には、僧侶から道場生みんなに、
大きな試合に向けて励ましの 「警策 (きょうさく)」 を右肩にいただきました。
 静かな本部道場に、警策が振り下ろされる音が鳴り響き、身が引き締まる思いがしました。
 短い時間ではありましたが、とても充実した「精神修行」 をさせていただきました。 
座禅のあとは、組手の強化練習    最初、みんな気合いの声がものすごく大きく出ていました。
 「 僧侶のお話を聞いて、みんな、一枚 皮がむけたのかと思っていたら、
途中からは、いつもと一緒  抜粋の準備運動 と 基本 、基本技でミット突き蹴り、
そして組手組手の残り〇〇秒は、  とにかく技を出しまくる。   そして、スピード …
静岡大会まで、あと少し 体調を崩さないように。  ケガなどしないように。

[Text:酒井]

一覧に戻る