福井県内唯一の【国際空手道連盟 極真会館 世界総極真】加盟道場・長谷川道場管轄

世界総極真 加盟道場

今城道場

ご挨拶

福井今城道場

今城道場は子どもも大人も一生懸命。
平成21年「極真空手 福井県 今城道場」として開設した当道場は、極真空手の技術や自らの身体の鍛錬だけでなく礼儀や礼節、
相手を想いやる気持ちを大切にする道場を目指して稽古に励んで参りました。日々の稽古にはじまり、
全国各地で開催される大会への出場。また、道場外の人たちに向けて日頃の稽古に打ち込んだ成果の披露と
空手の魅力をさらに広く知ってもらうことを目指し地域のイベント等にも積極的に参加しています。
平成24年「国際空手道連盟 極真会館 世界総極真」に加盟した当道場。総道場生数は140名以上となり規模も拡大。
平成28年7月には地元福井県において県内初公式大会「福井県空手道選手権大会」
開催する迄に至りました。これも、常に厳しい指導してくださった師範先生方、稽古を共にした道場生、
そして様々な場面でサポートを頂いている関係者様と保護者様のおかげであります。
今後もますますの発展を目指して一生懸命、稽古に励んで参ります。押忍。

道場代表 今城 真治

極真の心 - 極真会館道場訓

大山倍達
1964年に空手家・大山 倍達らによって創設された
「国際空手道連盟 極真会館」は、それまでの伝統派空手とは異なり、
対戦相手に技を直接当てる「直接打撃制」の空手の啓蒙を行ってきました。

「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点とし他を益する」
すなわち驕(おご)ることなく高い志を堅持し、人の悪口を言ったり、
口先だけの人にならず、人や物を慈しむ大きな心を持ち
親・師・先輩・友人・国を愛し、恩と感謝を忘れず、
人の為世の為になりたいと行動することを基本とする。
そして人種・民族・国境・政治・宗教・思想の垣根を越え、偏見を廃し、
極真空手を通して世界交流を行い、
世界平和に貢献する事を究極の目標としています。

稽古の際、道場生達が何度も口にする「押忍」という返事は
感謝・尊敬・忍耐を意味しています。
常に感謝の心を忘れず、他人を尊敬し、厳しい鍛錬にも耐え忍ぶ。
私たちはその意識を常に持ちながら稽古に臨んでいます。